どこかの会社や企業に雇用されることなく、自営業や個人事業主として収入を得ている方も多いですが、そのような個人事業主にとって最も大きな悩みと言えるのが事業運転資金の調達なのではないでしょうか?

事業存続のために自分の生活費を削ってなんとか稼ぐことが出来ている人も多いことでしょう。

しかし収入には限りがありますので、生活費を事業運転資金に回し続けてしまうと、自由に使うことの出来るお金が不足してしまうことになります。

現在は一昔前のように銀行が積極的に融資を行っている時代ではなく、融資へ申込みをしたとしても簡単に断られてしまうのが現実です。

そんな時に是非とも利用していただきたいのがみずほ銀行カードローンであり、自営業者や個人事業主でも収入が安定していればお金を借りることが出来ます。

個々により異なりますが、最大融資額は1,000万円となっていることから、まとまった現金が必要な時には大変役立ちます。

しかも消費者金融のように総量規制の対象とはなりませんので、審査によっては年収額の1/3を超える借入も可能です。

原則としてみずほ銀行カードローンで借入したお金は、事業運転資金としての利用は出来ないことになっていますので、キャッシング申し込み時には「生活費として」融資をお願いすると良いでしょう。

また会社に雇用されているサラリーマンやOL、アルバイトなどでしたら原則として収入証明証は必要ありませんが、個人事業主の場合には申込みに必ず収入証明書の提示を求められますのでご注意ください。

その理由は、個人事業主ですと在籍確認電話をする意味があまり無いことが挙げられます。

このことからもし個人事業主がみずほ銀行カードローンのご利用を考えているのでしたら、確定申告書の写しなどの公的な収入証明書を予め準備しておくようにしてください。

既にみずほ銀行の口座をお持ちでしたら、無事カードローン審査にさえ通過してしまえば、その日のうちにお金を借りることが出来ますので是非申込みをしてみてください。お金借りるにはどこがいい?